21_21 アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue展

d0208042_19382675.jpg


昨年行ったアーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue展 - 21_21にて。
安藤忠雄氏設計。コンクリートの、トップライトからの明かりが印象的な建築です。

それにしても、アーヴィング・ペンの写真ってピカピカ輝いてますよね。
私はペンの卵の写真にみとれてしまいました。

イッセイのポスターがずらりで楽しかったです。
先日、チャンネル回してたら黒柳徹子サンがイッセイのポスターそのまま、
(ヘアスタイルから服まで)でおお、と思いました。
着こなしてる。

イッセイ・ミヤケのプリーツ・プリーツはお年を召さないと似合わないと思って
いたのですが、先日、百貨店のイッセイのお姉さん(20代)がとても可愛らしく
着こなしていたのでまたビックリ。

それにしても、美しい建物です。
21_21に行く時は毎回晴れてるという不思議。
by photo-komichi | 2012-01-21 15:55 | 日々の写真 | Comments(0)
<< 光と影 初心 >>